少しでもいいので、朝ごはんはきちんと食べよう。

 

あなたは毎日朝ごはんを食べていますか?

忙しいから、食べたくないから、気持ち悪くなってしまうからなどという理由で、朝ごはんを抜かれる方もいるかと思います。

 

ところが、朝ごはんを抜くことは、体の朝の準備を整えていないということなのです。

これはNG。さまざまな体の仕組みも動き始まりません。

そしてこの「朝ごはん抜き」が、口臭の原因になるのです!

 

「朝の準備不足」が口臭に及ぼす影響

朝ごはんを食べることには、いろいろな意味があります。

朝ごはんを食べれば、血糖値が上がり、体のいろいろな器官が起き始めます。

それだけでなく、朝ごはんを「見て」、匂いを「嗅いで」、口内に食べ物が「触れ」、舌で「味わう」といった、刺激が生じます。

 

なにかモノを食べれば唾液が出てきますし、胃や腸も消化の準備を始めます。

こうして、一日の体のサイクルが回り始めるのです。

 

朝ごはんを抜いて、準備不足のまま出かけるということは、これらの体のサイクルを起動しないまま動きはじめるということなのです。

 

そしてこの朝の準備不足によって「唾液の分泌」が促されません。

「唾液の分泌」は口臭予防のカギですので、朝ごはんを抜くということは、ダイレクトに口臭へと繋がってしまうのです。

 

朝ごはんを抜いて、歯磨きだけしていくということ

朝ごはんを抜く人はけっこういらっしゃるかと思いますが、歯磨きをしないで出て行く人はあまりいないと思います。

 

朝起きたての口が臭いということは、誰もが知ってますよね?

その理由はといいますと、寝ている間に口の中が乾燥してしまうからです。

そして一般的に、気にせず使っている歯磨き粉には、口を乾燥させてしまう成分が含まれています。(ラウリル硫酸ナトリウムというものです。)

うがい液も同様で、アルコールが含まれているものは口の中の水分を見事に奪います。

 

歯を磨くことはもちろんいいことなのですが、朝ごはんを食べていない場合、寝起きで渇いた口の中が、更にカラッカラになってしまいます。

しかも、朝ごはんを食べていないので、唾液の分泌は促進されません。

 

乾いた口の中では、細菌が活発に活動し、その産物としてクサ~いガスを排出します。

これが口臭となるのです。

 

つまり「朝ごはんを抜いて、歯磨きだけしていく」というのは、唾液を出す体のサイクルを起動しないまま、口の中を更に乾燥させていくということなのです。

 

口臭を防ぎたいのなら、少し食べるだけでいい

さて、口臭の悪循環をつくらないためにも、朝食が必要であるということは分かっていただけたかと思いますが、現実問題として食べたくないものは食べたくないですし、気持ち悪くなるのも分かります。

 

忙しい、もっと寝ていたいという気持ちも存分に分かります。

ですが、朝ごはんを抜くと、口臭の原因となることもまた事実です。

 

手っ取り早いのは、朝起きてコップ2杯の水を飲むということです。

寝ている間に人はコップ1杯分の汗をかいているといわれていますので、それを補ってもまだ、唾液に必要な水分は確保されていません。2杯飲みましょう。

 

お茶じゃなくて、味の付いていない水(できれば浄水器などを通したもの)が良いです。

でも、これは最低限のことです。

 

できるなら、シリアルバーのような非常に軽いものでもいいので、サクッと食べてください。

朝ごはんからおなか一杯になる必要はありません。

体のサイクルを起こしてあげさえすればいいのです。

 

たった数分、少しのものを食べるだけで、体のサイクルは回り始め、唾液の分泌は促進され、口臭の予防につながります。

そればかりか、脳などからだの各部分に「糖」も行き渡りますから、朝から頭も冴えます。

 

「朝ごはんを食べない」ということ

少しでも朝ごはんを食べるのと、全く食べないのでは、これだけの差があるということはわかってもらえたかと思います。

朝ごはんを食べないということは、一日の活動開始の準備を整えないということです。

 

朝ごはんを食べるということは、一日の活動準備を整える、すなわち、唾液の分泌ができる準備を整えるということです。

 

朝から口臭を嗅ぐのって最悪ですよね。

朝ごはんを食べないということで、電車の中の見知らぬ人や、会社の上司・同僚・部下や気になるあの人まで、最悪な気分にさせてしまう可能性だってあるんです。

 

そして、普段から口臭に悩んでいる方は、「唾液が口臭対策のカギ」ということをしばらくの間意識して、朝ごはんなどの人間の活動の意味を再確認してください。

 

自分のためにも、他人のためにも、少しでもいいので朝ごはんを食べて出かけましょう。

 

 

トップページに戻ります