人間の脳って、結構いい加減なんです。

記憶の中に、今でも残っている光景ってありますか?

その光景の中で、臭いまで思い出せるものはないでしょうか?

実は人間の脳って、結構いい加減なもので、記憶の中にある臭いを思い出すことが出来るんです。

これはどういうことかというと、今ここにない臭いまで「ある」ように錯覚してしまうことがあるということです。

身近な例で言うと・・・

  • 炊き立てのご飯の香り
  • カレーの香り
  • 普段使っているシャンプーの香り

このあたりは、すぐに思い出すことが出来るかと思います。

 

いい加減だから、口臭も思い出してしまう

今、あなたの口の中に梅干しがあることを、結構真剣に想像してみてください。

・・・

・・・

どうですか?

・・・

唾液が出てきませんでしたか?

 

今、あなたの口の中には本当に梅干が入っているわけではありません。

でも、脳はいい加減なので、梅干を味わっている感覚に陥ってしまうのです。

その結果が、唾液を出すという反応になったわけです。

 

「鼻につく」

という言葉には、「臭いが鼻につきまとう」という意味があります。

臭いは記憶に残りやすく、思い出しやすいのです。

ですから、記憶の中の口臭も思い出しやすいのです。

実際にはそんなにクサくないのに、

「私はいつも口臭がある・・・」

「私はいつも息が臭い・・・」

思い込むことで、本当にクサいような感覚に陥ってしまうのです。

 

「慣れ」という嗅覚の特性

記憶の中の臭いを思い出してしまう一方で、今ある臭いを「ない」ことにしてしまうことも可能なのです。

他人の家を訪れたとき、または旅行などで久しぶりに我が家に帰ってきたときを思い出してみてください。

「独特の臭い」を感じますよね?

他人の家であれば、「不快ではないけど、なんとなく不思議な臭い」であったり、

久しぶりに帰った我が家であれば「懐かしくて心地よい臭い」であったり。

 

ところが、それぞれの家の人は、自分の家の臭いに気付いていません。

毎日帰ってくる我が家の玄関で「あ、ウチの臭いだ」とは思わないですよね?

これが「慣れ」であり、嗅覚の特性であり、本当に息が臭い人が自分の口臭に気付かない原因です。

 

「慣れ」は鼻のお疲れサイン

臭いに慣れるという現象は、医学的には「嗅覚の疲労」と呼ばれている現象だそうです。

つまり、鼻のお疲れサインですね。

鼻が疲れる(臭いに慣れる)と、臭いに対して鈍感になってきます。

例えば、炊き立てのご飯ですが、炊き上がった直後はいいにおいですよね。

ところが、いつまでもいいにおいだなーって感じたことってないと思います。

鼻はとても疲れやすいので、同じ臭いを嗅いでいると臭いがわからなくなってしまうのです。

 

自分の臭いを知るには、他人に聞くこと

口臭を知るには、誰かに聞こう。

このように、脳は臭いにあいまいで、鼻は慣れてしまうので、本当に自分は口臭があるかどうかを自分で知ることはかなり難しいのです。

勇気が要りますが、他人に聞くこと。

これが最善の方法です。

恋人や友人。

もしあなたが友好な関係を気付けている人がいるならば、お互いに正直に言い合うのも良いでしょう。

実際に私は、友人と

「うわっ、くさっ!」っと言い合っていました。(笑)

口臭や臭いのことって結構神経質な問題です。

真剣な感じで言い合うと、なんだか変な空気になってしまうと思いますので、フランクにいくといいでしょう。

 

「自分は息が臭いんだ・・・」

と思い詰めてしまっている場合は、今一度、本当に口臭があるのかどうか、客観的に調べたほうが良いと思います。

先ほどは恋人や友人を例に出しましたが、本気で悩んでいるようなら、歯科医院、しかも口臭に力を入れているところに行くと良いでしょう。

都内であれば、こちらはいかがでしょうか?
カウンセリングと口臭測定が無料!口臭が気になる方

 

土日祝も診察してくれるので、とりあえず「自分には本当に口臭があるのか?」を調べるだけでも、結構気持ちが変わってくると思います。

それに相手はお医者さんです。

あなたのほかにも、口臭に悩んでいる方を診療していますから、口臭があれば親身になって解決してくれるはずです。

自分の口臭を客観的に知ったうえで、本当に口臭があれば解決していきましょう。

 

 

トップページに戻ります