効果的な歯磨きの時間は何分間?

私たちは、子供の頃から、歯磨きの時間といえば「3分間」と教えられてきました。
でも、実際に毎日の歯磨きで時間を計っている人っていないと思います。

口臭予防の基本である歯磨き。

私たちは日々、効果的な歯磨きの時間を確保できているでしょうか?

意外と長い3分間

3分間って、意外と長いんです。

私たちは、子供の頃から3分間の歯磨きを教えられているので、そのくらい磨いていると思っているけれど、果たして本当に3分間磨けているのか?という実験がありました。
被験者に「3分間磨いたら、うがいをしてください」という指示を出して、隠しカメラで時間を計測した結果を測定する。
という内容だったのですが、驚くことに、3分間磨けていた人は、10人中たったの1人でした。
しかも、そのほかの人は平均で1分30秒しか磨けていないという結果だったのです。

こちらの記事でも紹介していますが約6割の人間が気にしていて、指摘して欲しいという口の臭い。
予防の基本である歯磨きを、意外と皆さん疎かにしているという事実が明らかになりました。

私たちも、しっかりと時間をかけて磨いていると思っても、実は3分間も磨けていないかもしれません。

歯磨きの時間はどれくらいがいいの?

それでは実際に、どれくらいの時間が効果的なのでしょうか?
新潟大学歯学部の論文に、このような記述がありました。

”成人を対象とした研究において,歯磨きによる歯垢除去率はおよそ 50%であり,1分間における歯磨きではおよそ 39%しか除去できないことが明らかにされている”
出典:歯磨きについて-新潟大学歯学部

さらに、歯医者さんが患者さんにブラッシング施術する場合、口の中を充分に磨くのにかかる時間は7分だそうです。

このことから、普段の歯磨きには約5分が理想で、少なくとも3分以上が効果的な歯磨きの時間といえます。
次の歯磨きから、少し時間を延ばしてみませんか?

歯磨きの仕方を教えて

正しい歯磨きの仕方については、文章で説明するよりも、動画を見ていただいたほうがわかりやすいかと思います。
以下に動画を用意しましたのでご覧ください。

歯磨きをしても、息が臭い・・・

虫歯が無くても、歯周病じゃなくても、歯を上手に磨けるようになっても、人が生きている限り、どうしても口臭は発生してしまいます。
それは、「生理的口臭」と呼ばれています。
生理的口臭は、歯磨きだけでは防げません。
当サイトのトップページでは、そんな生理的口臭を防ぐためのアイテムをご紹介しています。

よろしければ、参考にしてみてください。

トップページに戻ります