歯磨き粉やうがい薬は慎重に選ぼう

皆さん、歯磨きするときに「歯磨き粉」をお使いだと思います。

歯磨きの後は、うがい液で仕上げをしている方もいらっしゃると思います。

ところが、この歯磨き剤やうがい液はきちんと選ばないと口臭を悪化させる原因となるのです。

それは、「ラウリル硫酸ナトリウム」「アルコール」といった成分のせいなのですが、これらの成分がどう口臭を悪化させてしまうのかを見ていきましょう。

 

歯磨き粉に含まれる成分「ラウリル硫酸ナトリウム」

歯磨き粉を使って歯磨きをしていると、口の中がアワアワになりますよね?

このアワアワが舌の表面を乾燥させてしまうのです。

そしてこのアワアワの元が「ラウリル硫酸ナトリウム」なのです。

「ラウリル硫酸ナトリウム」は合成界面活性剤や洗剤成分として知られています。

洗剤で手が乾燥して手荒れを起こす人がいると思いますが、口の中も例外ではありません。

むしろ、口の中は肌ではなく粘膜なので、もっと繊細です。

「ラウリル硫酸ナトリウム」は、合成界面活性剤としても知られているわけですが、これがかなりからだへ悪影響を及ぼすものなのです。

インターネットで検索してみると、こんなことが書かれていました。

“皮膚障害・タンパク変性作用・殺精子作用・酸素活性阻止作用・溶血作用・発がん性・催奇形性・妊娠率低下・肝臓障害・アトピー性皮膚炎”

よくわからなくても、なんとなく文字の並びから恐ろしさが伺えますね。

こんなものを口の中に入れているのですから、「ラウリル硫酸ナトリウム」の口の中へのダメージは想像以上です。

口の中のダメージは、口の中を乾燥させ、口の中の乾燥は、そのまま口臭につながります。

 

さて、少し思い出してみて欲しいのですが、歯磨きをした後に、口に入れたモノの味が変わっていたことってありませんか?

これも「ラウリル硫酸ナトリウム」のせいです。

歯磨き後にモノの味が変わって感じられるのは「ラウリル硫酸ナトリウム」が、味を感じる「味蕾細胞」を一時的に麻痺させたり、破壊していることが原因だったのです。

 

ラウリル硫酸ナトリウムについては、以下の動画でも紹介されています。ちょっと長いです(約10分)

 

 

歯磨きが終わった後、歯磨き粉の味が残っていると不快ですよね?

皆さん、歯磨き粉の味がなくなるまでうがいをされているかと思いますが、しっかりとうがいをすることによって、唾液まで一緒に流してしまっているのです。

当サイトでも何度もご紹介していますが、唾液が口臭に与える影響は大きいのでここでも簡潔に紹介しておきます。

唾液は口臭の元となる細菌の活動を抑制しています。

ですので、舌の表面を乾燥させてしまうことや、しっかりとしたうがいで、唾液を流してしまうことは、口臭の元となる細菌の活動を活発にしているということです。

 

あなたがお使いになっている歯磨き剤の後ろ、成分表示の欄に「ラウリル硫酸ナトリウム」の表記があったら、注意したほうが良いでしょう。

歯磨き粉に含まれる他の化学成分にも危険性はありますが、とりあえず私たちが入手しやすい歯磨き粉の中で、毒性の強い「ラウリル硫酸ナトリウム」が含まれていないものをご紹介します。

ガム・デンタルペーストには、ラウリル硫酸ナトリウムが含まれていません。

サンスター社のガム・デンタルペーストです。

成分表示欄を載せておきます。

「ラウリル硫酸ナトリウム」の表記はありません。

 

うがい液に含まれる「アルコール」

最近はアルコールの含まれないうがい液も店頭に並んでいますが、アルコールが含まれるうがい液もまだまだあります。

アルコールといえば、注射の際に消毒としても使われますね?

アルコールの脱脂綿で拭かれた部分がスッと冷たく感じた経験は、皆さんおありかと思います。

あのスッとした瞬間になにが起こっているかというと、皮膚から水分が奪われているんです。

アルコール入りのうがい液を使ってうがいをすることは、この現象を口の中で起こしているということになります。

これはつまり、口の中が乾燥するということです。

口の中の乾燥が口臭につながることは、先ほどもお話ししたとおりです。

 

さらに、うがい液には強烈なミント味が付いていますが、ミント味に口臭を消す効果はありません。

もとからある口臭を、強烈なミントで上塗りしているだけです。

さらに、このミント味は約20分ほどで失われます。

うがい後20分経過した頃から、もともとの口臭とミント味がミックスされた微妙な臭いがし始めるのは、口臭をミント味で一時的に押さえつけているせいなのです。

 

まとめ

歯磨き粉で歯を磨いたり、うがい液でうがいするといった、普段皆さんが口臭対策と思ってやっていたことが、かえって口臭を悪化させているかもしれません。

今一度、お使いになっている歯磨き粉の成分を確認して、「ラウリル硫酸ナトリウム」が含まれていないものを選んだり、インターネットで評判の良い、化学成分が少なめの歯磨き粉を活用したりして、しっかりとした口臭対策をしましょう。

お口の中のサッパリ感と、口臭は反比例するものなのかもしれませんね。

歯磨き粉やうがい液は、毎日使うものですから、慎重に選びましょう。

 

 

トップページに戻ります