人には、心の奥底に、渇望しているものがあります。それは、

「他人に嫌われたくない」

「他人から好かれていたい」

という思いです。

他人に嫌われれば、嫌がらせをされるかもしれません。

自分の身を守るためにも、他人に好かれていることは重要であると、心は知っているんです。

口が臭いということは、他人から嫌われる要因になります。

ですから、自分が他人から嫌われるほどの口臭があるかは気になりますし、そんなレベルの口臭があるという状態は、なんとしても避けたいですね。

ところが、あなたの気にしている口臭。

実は、そんなに気にするほどの口臭ではないのかもしれません。

自分の口臭ソムリエになっていませんか?

自分の口臭ソムリエになっていませんか?
 
口臭で悩む人の多くは、実際に口臭があることがほとんどです。

しかし、その程度は、他人にはわからないほど微かなものです。

なぜそんな微かな口臭が、ものすごく気になってしまうのでしょう。

その前に、人間の嗅覚は、練習で鍛えることが出来るということを知っておきましょう。

ワインソムリエという職業がありますね?

彼らは、日々の鍛錬によって嗅覚を鍛えています。天才的な嗅覚がもとから備わっているわけではありません。

日々、香りを研究しているからこそ、素人では嗅ぎ分けられないかすかな臭いを嗅ぎ分けることが出来るのです。

自分の微かな口臭が気になってしまう人は、もしかしたら、自分の口の臭いのソムリエになっているのかもしれません。

つまり、自分の口臭を常に研究し、「他人に嗅ぎ分けられない臭い」まで嗅ぎ分けている可能性があるということです。

普段は口臭の無い可憐な女性であったとしても、24時間365日中本当の本当に無臭であると言うことは絶対にありえません。

特に食事の後や起床後は口臭がある可能性が極めて高いです。

自分の口臭を常に研究している人は、ワインソムリエが他のワインと明確に嗅ぎ分けるように、わずかな臭いの変化も見逃しません。

そして、「自分には口臭がある」と判断を下します。

いい人ほど悩みやすい口の臭い

ここまでお伝えしてきたとおり、あなたは、もしかしたら他人に気付かれない程度の口臭を気にしすぎているのかもしれません。

いい人ほど、

「他人に嫌われないように」

「他人に迷惑をかけないように」

と思ってしまうものです。

しかし、人間も動物ですから、全くの無臭ということはあり得ません。

断言します。程度の差はあれど、口臭は誰にでもあります。

気にしすぎは、ストレスになります。

そしてストレスは、様々な体調不良の原因となります。

もちろん、口臭の原因にもなります。

それでも無臭がいい!

「口臭は無臭の方がいい」というのが本音でしょう。

しかし、無臭であり続けることは不可能です。

そこで、他人に気にならない程度の口臭を維持することが、妥協点かと思います。

そのためには、まず、人間は誰でも口臭があるということを知りましょう。

そして、気にしすぎて余計なストレスを自分にかけることを辞めましょう。

自分の頭に、このような知識を入れておくことで、思い込みを矯正しやすくなります。

「自分には他人を不快にするほどの口臭がある」

という考えは、「気にしすぎ」や「間違った認識」であるかもしれません。

そのための、思い込みのとき方

あなたが自分の口臭を気にしてしまうのは、どうしてでしょうか?

あなたと話す人が、手で鼻や口を覆うから?

あなたと話す人が、顔を背けるから?

それでは、ここで一度あなたを、その相手の身に置き換えてみましょう。

あなたは、上司が話している時、上司に口臭があったとして・・・

手で鼻や口を覆いますか?
顔を背けますか?

失礼で、なかなかできませんよね?

相手の口臭に対して、何かの反応を示すと言うことに抵抗があるのは、あなただけではありません。

あなたと話す人が、手で鼻や口を覆ったり、顔を背けるのは、何か他の原因があったかもしれないのです。

こちらの動画では、精神科医が思い込みのとき方について解説してくれています。

 

この動画の中でも、人間が感じる不安の9割は実現しないと言っています。

先に説明したとおり、口臭は誰にでもあります。

しかし、本当に他人が不快になるほど口が臭い時間というのは、もしかしたらほとんど無いのかもしれないのです。

明確に他人から指摘されていないのであれば、ある程度気にしないようにして、余計なストレスをかけないようにするのも、口臭を改善する1つの解決策です。

 

トップページに戻ります