お茶やコーヒーが口臭の原因!?

自分の口の中って、朝と夕方でなんとなく違う感じがしませんか?

朝は歯磨きしたてでさっぱり、夕方はなんとなくモワワ~。

「私の息、臭いかも・・・」と、口臭も気になってきませんか?

その原因、実はストレスにあったのです。

 

午後のモワワ~の正体

午後は口臭でモワワ~。

日中、仕事をしている場合は、夕方の疲労時にお口がモワワ~っと感じませんか?

それは、夕方ごろに一日のストレスが溜まっているからです。

ストレスが溜まると、体の水分代謝が減り、口の中の唾液が減っていきます。

その結果、口の中の細菌が、口臭の元になるガスを発生させてしまいます。このガスが、午後のモワワ~の正体です。

 

ストレスってなに?

ストレスを感じると、口の中が乾燥して、口臭が発生します。

ストレスには2種類あります。

  • 精神的ストレス
  • 肉体的ストレス

ストレスというと、精神的なものをイメージしがちですが、実は肉体的なものも含まれています。

心配ごとがあったり、怒っていたり、無力感など、ネガティブな感情は、精神を疲労させます。

いわゆる「病んでいる」状態です。

人は、この状態のとき、唾液の分泌量がかなり減っています。

これが精神的ストレスですね。イメージしやすいかと思います。

 

次に、肉体的ストレスです。

これは一言で言えば、体へのダメージです。体への悪い刺激ともいえるでしょう。

カップラーメンを食べたり、深夜に脂っこいものを食べたり、強烈なうがい薬を使ったり、これらは全て肉体的ストレスです。

意外なところでは、コーヒーとかに入っているカフェインには利尿作用がありますが、これも肉体的ストレスのひとつです。

 

ストレスで息が臭くなるのはなぜ?

口が・・・臭い!

 

さて、ではなぜストレスで息が臭くなるのでしょうか?

先ほど、午後のモワワ~のお話を紹介しましたが、あの午後のモワワ~はすなわち口臭です。

 

この原因は唾液の減少によるものですが、唾液が少なくなるとなぜ息が臭くなるのでしょうか?

 

唾液があるときは、口の中の細菌の活動が抑えられています。ところが、唾液がなくなると、この細菌の活動が活発になってしまうのです。

その結果、細菌が口臭の元となるガスを発生させてしまうのです。

口の中の細菌を殺菌・滅菌することは不可能ですから、私たちはその活動を抑えることしかできません。

 

午後は意識して「水」を飲もう

人間のからだは、約60%以上の水でできています。

仕事をしていると精神的なストレスってほぼ必ずありますし、深夜に食事をしなくてはならないこともありますよね?

ストレスを感じるな!体にいい生活をしろ!といっても無理ですし、それができるならみんなやってます。

コーヒーを飲みたくても飲めないとなれば、それもストレスです。

そこで簡単な解決策をお教えします。

水を飲んでください。

お茶や清涼飲料水よりも「水」の効果は圧倒的です。

なぜなら、カフェインや砂糖などの余計な成分が、体への肉体的ストレスとなり、口の中を乾燥させてしまうからです。

「水」は飲んだ分がすべて素直に体に取り込まれるため、肉体的ストレスになりません。

 

口の中の乾燥は、口臭を引き起こします。

口臭を抑えるための基本は、口の中が唾液で湿っている状態をキープするということです。

 

「疲れたなー」と思う午後や深夜、落ち込んでいるときなどは、意識して「水」を飲みましょう。

口の中を潤すことで、口臭ガスの発生を防ぐことができます。

息が臭くなる前に「水」を飲んで、ストレスが原因の口臭を予防していきましょう。

 

 

トップページに戻ります