お茶やコーヒーが口臭の原因!?

お茶にはカテキンという成分が含まれていることは、みなさんご存知かもしれません。

カテキンには殺菌・抗菌作用があるため、様々な商品に使用されています。

殺菌・抗菌作用があるということは、カテキンが含まれているお茶で口をゆすいだり、水分補給をすれば口臭が減ると思ってしまいがちですが、口臭対策として、果たして本当に正解なのでしょうか?

また、口が渇いた時や、喉を潤すためにコーヒーを1日中飲んではいませんか?

確かに水分を補給することは、唾液の元を確保することになるので、良いことです。

しかし、コーヒーで水分補給することは、口臭対策に効果的なのでしょうか?

今回はこの、お茶とコーヒーが口臭に与える影響を見ていきましょう。

 

カフェインは口臭のもと!?

冒頭でも少しお話しましたが、緑茶には「緑茶カテキン」が含まれています。緑茶カテキンには、消臭効果もあるのです。

これは口臭に効きそうですね。

しかし、緑茶には「緑茶カテキン」と同時に、「カフェイン」も含まれています。

カフェインといえばコーヒーと思われがちですが、実は緑茶にも含まれているのです。

そしてこのカフェイン、眠気を覚ます効果もありますが、忘れられがちなのが「強力な利尿作用」があるのです。

つまり、緑茶を飲めば飲むほどトイレが近くなり、唾液の元となる水分まで尿として排泄されてしまうのです。

 

カテキンの消臭効果も口臭にはかなわない

さて、緑茶を飲むと、唾液の元となる水分が尿として排泄されることがわかったところで、それが口臭とどう関係してくるのでしょうか?

当然ですが、元となる水分が不足してしまうので、だんだんと口の中から唾液がなくなっていきます。

唾液がなくなるということは、何を意味するのか。

唾液がなくなると、まず舌が乾いてきます。

そして、舌の表面に潜んでいる細菌(誰にでも居ます。常在菌というものです。)が口臭の原因となるガスを発生させてしまうのです。

つまり、唾液がなくなる=口臭が発生するということです。

こうして発生するガスを相手にしては、緑茶カテキンの消臭効果も意味を成さないのです。

 

カフェインが含まれている飲み物

それでは、どんな飲み物に、どの程度のカフェインが含まれているのでしょうか?

まずは飲み物の種類別です。

様々な種類の飲み物に含まれるカフェインの量一覧
出典:不眠克服体験記 カフェイン含有量一覧

 

続いては、代表的なペットボトル飲料です。

 

ペットボトル飲料に含まれるカフェインの量一覧。
出典:不眠克服体験記 カフェイン含有量一覧

 

最後に、缶コーヒーの種類別です。

 

缶コーヒーに含まれるカフェイン量の一覧。
出典:不眠克服体験記 カフェイン含有量一覧

 

カフェインが含まれる代表的な飲み物といえば、コーヒー・紅茶ですが、今回お話した緑茶や、ウーロン茶、ほうじ茶にもカフェインが含まれています。

 

じゃあ、緑茶やコーヒーは飲んじゃいけないってこと?

いいえ、そうではありません。

口臭予防として、水分補給をするのには適していないというだけのことです。

加えて、緑茶やコーヒーを飲むとリラックスしますが、体には「利尿作用」というストレスがかかっていることも覚えておいてください。

このストレスにより、唾液の分泌は減少してしまうのです。

唾液の元の水分補給には、ただの水が適しています。

スポーツドリンクは、もちろん水分補給には最強です。

しかし、砂糖などの糖分も含まれているため、口臭の原因菌、特に虫歯菌は大喜びです。

ですから、口や喉が渇くのを防ぎ、唾液の元の水分を確保する目的ならば、ただの水が最も適しています。

 

口臭が気になるなら、水を飲もう!

唾液の不足は、口臭が発生する大きな原因のひとつです。

お茶やコーヒーに含まれるカフェインは、その強力な利尿作用で、唾液の元となる水分を尿として排泄してしまいます。

お茶やコーヒーというのは、職場でも手軽に飲める飲み物であることが多いため、喉が渇くとついつい飲んでしまいがちですが、口臭予防的にはNGです。

水は、日本であれば、最も手軽な飲み物だと思います。

最も手軽な飲み物が、口臭対策にも最も適しているのですから、これを使わない手はありません。

口臭の原因となるガスの発生を抑えるために、普段の飲み物を水に変えるか、普段の飲み物に水をプラスして、口の中の唾液を確保しましょう。

 

 

トップページに戻ります